だめなクラウドファンディングの例

クラウドファンディングは個人でも企業でも多くのプロジェクトが参加しています。


クラウドファンディングは参加費が無料であることが多く、また、SNSなどでの情報拡散も期待できることから商品の宣伝効果も狙ったプロジェクトも多いようです。参加するだけでさまざまな効果が期待できることからただ参加すればいいと考えているプロジェクトも多いでうすが、現在のクラウドファンディングは投資者の目も肥えてきており、以前とは違いすぐにだめなプロジェクトとして投資をされないことが多いです。



クラウドファンディングで失敗するプロジェクトとしては2つのパターンがあると言われています。



1つはプロジェクトの説明が悪い場合です。



特に実行するための方法が記載不足であったり、企業秘密として出さない場合には実績が無いプロジェクトは特に投資家から相手をされない場合が多いようです。また、このようなプロジェクトはやたらと金額を高めに設定しているのにリターン品はあまり良くない物となっていることが多いです。



クラウドファンディングは投資家にもメリットがあって初めて成立します。



2つ目はプロジェクト自体が怪しいことです。

実現不可能、もしくはすでに他所や企業がやっていることを別の場所や機材でやろうとしている場合も相手をされないことが多いです。



関連リンク

だめなクラウドファンディングの例


クラウドファンディングは個人でも企業でも多くのプロジェクトが参加しています。クラウドファンディングは参加費が無料であることが多く、また、SNSなどでの情報拡散も期待できることから商品の宣伝効果も狙ったプロジェクトも多いようです。...

クラウドファンディングは新しい資金調達方法


資金調達方法と言えば銀行の融資やベンチャーキャピタルからの支援を想像される方が多いですが、クラウドファンディングはそれに変わる新しい資金調達方法の一種です。他の資金調達方法との一番の違いは利子や株式によるリターンを考えなくて良い事です。...