クラウドファンディングは新しい資金調達方法

資金調達方法と言えば銀行の融資やベンチャーキャピタルからの支援を想像される方が多いですが、クラウドファンディングはそれに変わる新しい資金調達方法の一種です。

他の資金調達方法との一番の違いは利子や株式によるリターンを考えなくて良い事です。



もっとも多いパターンは制作費と人件費以外の利益は発生しないというプロジェクトです。



銀行やベンチャーキャピタルからの支援では事業を行った際に利益を求められますがクラウドファンディングでは利益追求も重要ですが、それよりもプロジェクトを完成させる方を重要視されます。



もちろん、クラウドファンディングの中には商品開発をして利益を追求したいと考えるプロジェクトも多いですが、その場合でもリターンと言われる投資者への還元は利益とは別に考えられることが多いです。



投資者側からみても魅力的なプロジェクトを実行して欲しいという願いが多く、投資というよりも購入するという考えの方も多いようです。クラウドファンディングで成功した後に投資者に利益を還元するのは基本リターン分だけです。



他の資金調達方法では継続して利息を還元する必要がある場合が多いですがクラウドファンディングでは新なプロジェクトにかけることも出来ます。



関連リンク

クラウドファンディングの誤った認識


クラウドファンディングは初期の頃から商品化のプロジェクトが多かったこともあり、クラウドファンディング=商品を安く変えるところと誤って認識する方が多かったようです。そのため、実際にゴールでき、スケジュールどおりに制作できても商品到着までに時間がかかることもあり、投資者から落胆の意見を受けることが多いようです。...

だめなクラウドファンディングの例


クラウドファンディングは個人でも企業でも多くのプロジェクトが参加しています。クラウドファンディングは参加費が無料であることが多く、また、SNSなどでの情報拡散も期待できることから商品の宣伝効果も狙ったプロジェクトも多いようです。...